消費者金の返済は残高スライドリボルビング方式

消費者金融からお金を借りた時は、借りたお金に利息を付けて返済することが必要です。

消費者金融の返済には残高スライドリボルビング方式が採用されているのが一般的です。

この返済方式は借入残高に応じて毎月の約定返済額が変わる仕組みになっています。

分割払いは12回や24回などまず支払い回数を決めますが、

残高スライドリボルビング方式ではまず毎月の約定返済額を無理のないように設定しています。

借入残高が多いときは返済額が多く、借入残高が少なくなるにしたがって返済額が少なくなります。

毎月の約定返済額は最少でこれ以上なら、任意の金額を自由にプラスして返済できます。

余裕のない月は最少でいいので返済が楽ですが、

そのままだと返済期間が長引いてしまい利息の負担が増えてしまいます。

余裕のある月は繰り上げ返済して返済期間を短縮し、利息の負担を抑えたほうが良いです。

借り過ぎて返済を遅延してしまうと、遅延損害金を請求されてしまうので、

無理のない計画を事前に立ててください。

 

 

目的にあわせたキャッシング選び

お金に困った時に頼りになる人が身近にいるとは限りませんよね。私ももういい年なので親に頼りたくはありませんし、友達や知り合いに迷惑をかけたくもありません。ですから、ピンチの時はいつでもキャッシングを使うと決めて素早くピンチを乗り越えています。

今までにキャッシングを使ったことがなくて不安があるけれどお金のことで困っているという方も多いと思いますが、困っているならば迷わずキャッシングをおすすめします。

ですが、どこの業者でも同じというわけではありませんから、ちゃんとその時の目的にぴったりあったキャッシングを選んで申し込むことが大切です。

たとえばできるだけ金利を抑えて借金したいという方ならば、銀行カードローンなどのほうがおすすめですし、とにかく絶対に今日のうちに融資をお願いしたいという方だったら、大手の有名消費者金融のキャッシングがイチオシです。だいたい最近の大手になると当日振込ができるところが珍しくないからです。

目的に合わせてお金を借りる際の参考サイトは以下

お金を借りる教習所

http://okane-kyosyujo.com

モビットのWEB完結でお金を借りることができました。

東京で一人暮らしをしていた時、田舎に住む親の体調が悪くなり急遽帰省することになりました。

急なことだったので帰省費用がありませんでした。

帰省には飛行機を利用しなければならないので、10万円程必要でしが。

そこで私は初めモビットでキャッシングをすることにしたのです。

とにかく、急ぎでお金が必要だったので、できれば申し込みしたその日に融資可能な所が良いなと思いました。

消費者金融会社はたくさんあるので、どこにしようか迷いましたが、ネットの口コミが良かったのがモビットだったのです。

三井住友銀行グループであるということも決め手になりました。

モビットには「WEB完結」というものがあり、それがネットの評判が良かったです。

インターネットから申し込み、振り込みまでの全てを行うことができ、しかも即日融資も可能だったのです。

インターネット上だけで完結できるので、資料の郵送もなくて助かりました。

来店しなくてもお金を借りれる仕組みに感動しました。